Maru-Gaia昭和一高 太極拳教室 お披露目の会


作戦TOP     戯れ歌序にかえて    里山交響楽     太極拳道場 

汚れつちまつた悲しみに   コロノスのオイディプース    ラ・マンチャの男


HOME  STATEMENT  PROFILE  芸術文化事業  地域文化事業  宣伝文化事業


2006年5月26日(金) 15:30〜17:00  於 昭和一高001太極拳教室

開設から2ヶ月、昭和一高の先生方・知人恩人等をお招きしお披露目の会を持ちました。
受講生を含め30名余の方々がおいでくださり、お祝いや激励、抱負やお礼、表演や拍手の交歓の中、
くつろぎながらも背筋がのびる善き会となりました。

この場この時をつくってくださった、学校の皆さん、受講生の皆さん、お集まりの皆さん、
励ましをくださった全ての皆さん、心より感謝いたします。
信頼に応え希望を共にして、日々励んでまいります。

「志ある者は事竟になる」という中野春美先生(全日本太極拳協会指導委員長)のお言葉とお心付け、
3月までお世話になった柴田先生の祝電の報告

開設に至る経緯説明
昭和一高学園吉田理事長先生のご紹介

吉田理事長先生

学校は常に社会の為のものとして開かれていなければならないと
考えています。
高齢化社会と云われる現今、この太極拳教室が人々の生活に資すること大であると期待しています。

「乾坤」「玄氣」の書を御寄贈くださった書道家土屋有梅・一雪ご夫妻のご紹介

中国では朝早く大勢の方が気持ち
良さそうにやってらっしゃいますね。
武術だ体操だとかいうのを超えた、
感覚も理屈も超えた玄氣の世界で、
老若男女がいい顔して、天と地の間で、
悠然とやってらっしゃいます。
ああいうものがここから生まれてほしいですね。

土屋有梅先生

表演 24式太極拳 32式太極剣

昭和一高教室開設を取り持ってくださった島田勲氏(株式会社創育クリエート社長)のご紹介
島田氏の音頭による乾杯  そして歓談

島田勲氏

受講生を代表して最長老坂井さんの言葉
土屋有梅先生の寿ぎの口上
昭和一高矢島副校長先生のご発声で三本締め

つつがなくお披露目の会を持たせていただきました。 あらためまして、皆さんに感謝いたします